ハタチの戦争

学生ブロガー

サッカー日本代表にビッククラブに所属する日本人選手は何人いる?W杯開幕前にチェック!

ロシアワールドカップ本大会が6月14日にいよいよ開幕する

日本代表はコロンビア・セネガル・ポーランドとグループリーグで対戦

日本はいずれの相手からも格下となる。

しかしそれはチームとしての話であり、個人レベルでは別

 

そこで日本の選手でビッククラブに所属する選手は何人いるか?について考えてみたいと思います

ビッククラブとは?

ããµãã«ã¼ã観æ¦ãã¤ã©ã¹ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

そもそもビッククラブとは何をもって言うのか?

◎サッカーの世界におけるビッグクラブ

サッカーの世界で使用されるビッグクラブという言葉には、一応の定義を与えることが可能である。一般的には、クラブの歴史や伝統の長さ、選手の移籍市場における交渉力、タイトルを獲得した回数の多さ、安定的な経営に不可欠なチケットやグッズの販売による収益の規模、収益の基盤となる人気や知名度といった条件を満たすクラブを指すとされる。しかし、これらの要素の評価は相対的な評価の域を出ず、ビッグクラブの語を用いる個人の価値判断を排除することは困難である。

また、ビッグクラブの語は同一リーグ内の強豪を指す場合から世界的な実力を持つ強豪を指す場合にまで幅広く使用されるため、ビッグクラブの語の運用や解釈においては、クラブを評価するコンペティションの種類や、比較対象となるクラブの範囲に注意すべきである。

 簡単に言うと

知名度、実績、歴史があったり収益、人気、格などがあるクラブのことです

 選手が移籍してそのチームでプレーしたいと思えるかどうかも大事ですね。

 

また、そのリーグの中のビッククラブなのか、世界的に見てビッククラブなのかの線引きもきちんとされていません。

ビッククラブの定義というのは結構曖昧です

 

そこで今回はビッククラブの基準をかなり下げて考えていきます

ビッククラブに所属する日本人

1.香川真司 

ドイツブンデスリーガ「ボルシア・ドルトムント」所属

 ドルトムントはUEFAクラブランキング8位と文句なしにビッククラブです

チームメイトはロイスやゲッツェ、プリシッチなど世界的スター達ばかり

香川自身も市場価値は17億円。香川はクラブからとても愛されています。

 

2.酒井宏樹

 フランスリーグアン「オリンピックマルセイユ」所属

 チャンピオンズリーグ優勝経験もある強豪。

今季はヨーロッパリーグ決勝まで進みアトレティコ・マドリードに敗れ惜しくも準優勝

マルセイユには現役のフランス代表のメンバー(パイェ、ラミ、マンダンダ、トバン)が多数在籍 *パイェは負傷離脱

今大会優勝候補の1つに上げられるフランス代表のメンバーの他にも元ブラジル代表ルイス・グスタボなど名選手ばかり。

その中でスタメンをはっている酒井は日本の誇りである。W杯でもその対人守備力を発揮してくれ

 

 3.長友佑都

 トルコ「ガラタサライ」所属

 今季リーグ優勝を果たす。トルコのクラブですが欧州5大リーグのチームに引けをとりません。チャンピオンズリーグにも度々出場しています。

往年のスターが移籍していくイメージが強いクラブ

過去にはドログバ、スナイデル、ポドルスキらビックネームが在籍

現在は元フランス代表ゴミスなどがプレー

フェネルバフチェとのイスタンブールダービーは世界有数の白熱する試合として知られています

www.youtube.com

 

4.森岡亮太

 

ベルギーリーグ「アンデルレヒト」所属

CL常連でベルギー最大のクラブ。リーグ優勝は34回で最多。

森岡は10番を背負ってプレーしている

アンデルレヒトの下部組織からはロメロ・ルカク、ルーカス・ビリア、コンパ二など有望な選手を多数輩出

CL常連だが毎回グループリーグ突破に苦戦を強いられている

 

※森岡亮太は残念ながらW杯メンバーには選考されず

 

他にもビックラブとはいかないまでも名門クラブに在籍する日本人は多数います

・リーガの「ベティス」に移籍した乾貴士

・ドイツの名門「ブレーメン」に移籍した大迫勇也

・ブンデスで唯一2部降格のなかった「ハンブルガーSV」所属の酒井高徳、伊藤達哉

などなど

 

過去にビッククラブに在籍した日本人

香川真司「マンチェスター・ユナイテッド

稲本潤一ら「アーセナル

中村俊輔「セルティック

中村俊輔はセルティックのレジェンド選手扱い

CLでマンU相手にたたき込んだ直接FKは鳥肌ものです

www.youtube.com

他にも長友佑都「インテル

内田篤人「シャルケ

本田圭介「ACミラン

清武弘嗣「セビージャ

宇佐美貴史「バイエルン」など

 

ビッククラブで大活躍した選手もいれば、全くだった選手も

 

では逆にこれからビッククラブに行きそうな日本人は?

 

これからビッククラブに行きそうな日本人は?

1.中島翔哉(23歳)

1番現実的な可能性が高いのは中島翔哉

アトレティコ、ドルトムント、パリSG、ポルト、ベンフィカ、ビジャレアルなどヨーロッパ中のクラブが獲得を検討しているという。今夏の移籍市場は注目だ。

ネックなのが違約金26億円

しかしW杯落選には衝撃だった

 

2.堂安律(19歳)

今季オランダのフローニンゲンに移籍し、10ゴールを記録

海外1年目の10代の選手としては驚くべき数字を残した。

堂安律は19歳と若さもあり伸びしろしかない

W杯後には選手層の薄い代表の右サイドで躍動してほしい

 

3.南野 拓実(23歳)

オーストラリアの強豪ザルツブルクで4シーズンを過ごす

3シーズン連続で2桁得点を記録するなど実績は十分

代表招集は少ない。これからに期待だ

 

4.久保建英(16歳)

バルセロナの下部組織カンテラに入団した驚異のポテンシャル

 

5.中井卓大(14歳)

レアルマドリードの下部組織所属

 あのマルセロを驚かせるテクニック

www.youtube.com

まとめ

日本サッカーの歴史は世界的に見れば浅い。日本がいかに急成長してきたかが分かる

ビッククラブに所属する日本人はもっと増えれば、サッカー界はもっと盛り上がるはず

これからの若手選手に期待ですね

 ワールドカップ本大会が楽しみですね!

ユニフォーム着て応援すると全然違います!めちゃくちゃ熱くなります!

▼W杯の対戦相手はこちらを参考に▼

www.taku-7.com

www.taku-7.com

www.taku-7.com

 


JFA サッカー日本代表 2018年 タオルマフラー 今治ブランド認定タオル (エンブレム) O-295